クレーム履歴

2018/6
クレーム内容 TS-75M-1:シャーシ腐食大
対処 落札額:230万円   80万円値引き
2018/5
クレーム内容 EX120-3:トラックフレームが腐食大
対処 落札額:180万円   10万円値引き
2018/4
クレーム内容 KH-18:エンジン始動不可(コンディションはスロットルNG)
対処 落札額:24万円   キャンセル
2018/4
クレーム内容 D31P-17:トランスミッションの2速3速が動かない(コンディション未記入)
対処 落札額:180万円   10万円値引き
2018/3
クレーム内容 ZX200LC-3:足回りの腐食大(写真で判断がつかず)
対処 商談:646万円   15万円値引き
2018/3
クレーム内容 F25C:エンジン始動不可(コンディション未記入)
対処 落札額:43万円   8万円値引き
2018/3
クレーム内容 PC78US-6N0:ブームにクラック(コンディション未記入)
対処 落札額:215万円   5万円値引き
2018/3
クレーム内容 ZX75US-A:燃料ホースから燃料が漏れ(コンディション未記入)
対処 落札額:201万円   5万円値引き
2018/2
クレーム内容 S.B150:エンジン始動不可
対処 落札額:12万円   キャンセル
2018/1
クレーム内容 D155:落札キャンセル
対処 落札額:275万円 2番手に245万で売却 20万円キャンセル料
2017/11
クレーム内容 バックホー:回送中ポンプがパンク クレーム相談
対処 対応できかねます。
2017/11
クレーム内容 海外落札社から機械ミニショベルの、ブームブラケットに両方共クラックが入っており、点検表に記載が無いと連絡を受けた。
対処 出展社-落札社の折半でパーツを購入し、次回の船積み時に配送することとなった。
2017/11
クレーム内容 海外落札社がコンテナスプレッターを2台落札したが、その内1台の点検表の製造番号に誤記があることを指摘され、ディスカウントの相談を受けた。
対処 そのまま購入された。
2017/11
クレーム内容 落札社が間違えて入札。
対処 入札キャンセル料¥100,000-を保証金と相殺し、保証金の残金をそのまま返金。
2017/10
クレーム内容 出展社が既に売却された小型ショベルを誤って出展し、落札された。
対処 出展社から違約金をもらいそのまま落札社に支払い対応。
2017/9
クレーム内容 落札社より落札した小型タイヤショベルの力がないためメーカーへ搬入し点検。結果として噴射ポンプのオーバーホールが必要と判明したため、 噴射ポンプを修理する費用によっては相談にのってほしい旨の連絡を受けた。
対処 点検時見落としのため、修理費用¥199,800-の内、¥43,200-をJENオークション手数料の中から負担。 了承を得た。
2017/9
クレーム内容 ミニバックホーを落札後、出展社都合により(所有権の変更ができない)、納入ができないと相談を受けた。
対処 出展社から落札金額の5%、¥ 149,800-のペナルティを請求。落札社(海外)には¥100,000-ペナルティを支払い対応。
2017/9
クレーム内容 国内落札社から、落札したミニバックホーについて「出展時の写真にあったアタッチメントがない」とのクレームを受けた。
対処 出展社の手違いでアタッチメントを外す前の写真をオークションにアップしたため、落札社と話し合いの結果、出展社が¥100,000-の値引きをすることとなった。
2017/8
クレーム内容 受渡ヤードより、不動のバックホーのBKT・アーム・ブームが固定されていない危険な状態で搬入され、洗車もされていないとの連絡を受けた。
対処 状態はオークション時の写真のままだったため、落札社が作業料と洗車代を支払うこととなった。
2017/7
クレーム内容 港の点検によりバックホーの放射能が0.3μSvを超えることが判明。落札社にキャンセルをお願いしたが、転売先が既に決まっていたため、自身の責任で船積する方向で検討中との連絡を受けた。
対処 出展社が洗車後、放射能が落ちたため出展社都合でのキャンセル扱いとなり、自己責任にて港から持ち帰ることとなった。
2017/7
クレーム内容 海外落札社よりミニバックホーを受け取った後、エンジン不動との連絡を受けた。
対処 原因はコンディションレポートに「エンジン不動」の記入漏れに気付かなかったため、JENにて¥150,000-の費用を支払うことで対応。
2017/7
クレーム内容 落札社より落札したアタッチメントに、溶接個所が多数あるにも関わらず写真を載せていなかったためキャンセルしたいとの連絡を受けた。
対処 出展社の責任にて返品。
2017/6
クレーム内容 オークション終了後、出展社が出展したミニバックホーが既に売却済みとの対応相談を受けた。
対処 出展社よりペナルティーを頂き、それを落札社に支払う事で対応。
2017/6
クレーム内容 海外落札社より、入札違いでのキャンセル相談(320D)を受けた。
対処 キャンセル料¥232,500-を頂き対応。
2017/5
クレーム内容 オークション終了時に入札社からバックホーをキャンセルしたいとの連絡を受けた。
対処 次点社に直ぐにアポを取り売却。キャンセルされた落札金額と次点者に売却した金額の差額を キャンセル料として¥250,000-を請求し対応。
2017/5
クレーム内容 落札社よりラジエターの水漏れがあるとの連絡を受けた。
対処 「今回は出展社が¥100,000-の費用を持つのを了承しているが、従来は中古なので水漏れ・油漏れはリスクを考慮して入札するように。それが許容できない場合、入札自体ご遠慮ください。」と連絡し落札社へ¥100,000-を支払い対応。
2017/3
クレーム内容 出展社よりバックホー2台のうち売却済みの方を再出展し落札されてしまった。
対処 出展社よりペナルティーを頂き、それを落札社へ支払い対応。
2017/3
クレーム内容 国内落札社が引取り後船済み時、バックホーにオイルクーラーの油漏れが発生。「他の箇所の油漏れは記載されており、山九から出るときに特に指摘がなかったのでそこまで酷いものではなかったと思う。相談に載ってもらえませんか?」との相談を受けた。
対処 「中古なので突然の油漏れやホースのパンクなどには対応できかねます」と回答。
2017/3
クレーム内容 弊社に落札機械、ラフタークレーンの書類が届かないため出展者に問い合わせたところ、車検証のコピーしかなかった。
対処 キャンセル扱いとさせて頂いた。次回はペナルティをもらう。